テーマ:韓国映画

キム・レウォンの「ハーピー」

これはキム・レウォン初の主演映画作だそうで、<学園ホラーサスペンス>です。 キム・レウォンは初々しく、カワイイです♪。 サスペンスは好きですが、ホラーは好きではありません。 でも<キム・レウォン>ということで観ましたが、 私にとって、本当に<キム・レウォン>を見るためだけの映画でした。 分かりづらい展開で、ラストま…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

キム・ミンジョンの「浪漫刺客」

時代は朝鮮時代なのですが、刺客というより泥棒の集団のようなのですが、忍び込んでもドジで、闘うと弱くて、よく分からない集団で、ある日入った家から男女一組を人質にとって逃げるのですが・・・ 逃げるときにキム・ミンジョンのヨイは少女(コ・ジュヨン)と知り合い、心を通わせます。 「オッパー」と「大事な妹」となり、ヨイがお金持ちに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キム・ミンジョンの「これが法だ」

これもVCDで観ました。 最近こういうのがちょっと増えて、ちょっと疲れてますが(^^ゞ、 でも、けっこう面白かったですし、このキム・ミンジョン、カッコ良かったです☆。 もう少し彼のシーンが多いととっても満足な作品になります(^_-)-☆。 彼を目当てで観るとそれがちょっと不満になります(^^ゞ。 これはサスペンスで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「私たちの幸福な時間」

3名の女性を殺害した罪で死刑宣告を受けた青年と、 3度目の自殺にも失敗した女性が、 彼女の叔母の修道女に導かれて出会い、そして1週間に一度、木曜日の10時から1時の3時間の面会で、お互いに心を開き、支え合い、愛し合うお話で・・・でも待っているのは死刑の執行で。。。。。。 冒頭に「フィクションです」と表示が出ます。。。。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ソン・イェジンの 「ラブストーリー」 にチョ・インソン?

これはかなり前にDVDで観たのですが、 今になって、チョ・インソンが出ていたと知り、ビックリしています。 「バリの出来事」で知り、それ以来、苦手なチョ・インソンなのですが、 それにしても今ごろ知る私も・・・(+_+)。。。。 何故知ったかというと、チョ・インソンとナムグン・ミンが共演している「卑劣な街 」という映画がある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キム・ミンジョンの「蝶」

良かったです~~~(^^)v。 VCDで観たのですが、字幕は中国語の簡体が上で、英語の字幕がその下で・・・というもので、ストップをかけながら・・・ってどちらも分からないのですが^_^;・・・気分的なもので(^^ゞ・・・ そんな状態で観たのですが・・・泣きながら観てしまいました。 どうして日本版が発売にならないのか不思議です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アン・ジェウクの 「ラブラヴ」

キム・ミンジョン、チャン・ドンゴンの「ホリデー・イン・ソウル」、 レオン・ライ、金城 武 の「天使の涙」を思い浮かべてしまったのですが、 <かったる~い>感じの映画で、余り好きではないジャンルです。 それでもアン・ジェウクが安定した演技で、彼だから観ていられました。 アン・ジェウク、ドラマはいい作品に恵まれていると思いま…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

キム・ミンジョンの「ホリデー・イン・ソウル」

これは「ゴースト~永遠の愛」(1999年)と同じく、チャン・ドンゴンと共演です。 こちらは映画ですが。。。 「ホリデー・イン・ソウル」は製作年が 1997 年なので、先に作られていますね。 映像を見ても二人とも若いです(^^♪。 前半はチャン・ドンゴンの出演シーンが少なくて、え、キム・ミンジョン主演?という感じで、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キム・ミンジョンの「Family (ファミリー)」

(日本のDVDのジャケットはこれですが、主役は間違いなくキム・ミンジョンだと思います(^^)v。) よく知らないで、キム・ミンジョンの映画だということで観たのですが、<ヤクザもの>でした。 映画としては・・・余り面白くないかもしれません。 が!、 ユン・ダフンとキム・ミンジョンが兄弟役で、この二人がいい!!! 二人を楽し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビョンホンの「夏物語」

劇場で観たかったのですが観れなくて、ようやくDVDで観れました♪。 思っていた以上に良かったです。 胸が熱くなりました。韓国では何故興行成績が悪かったのでしょう。。。。。 はっきりしない点がいくつかありましたが、それでも全体を通すと良かったと思うのですが。。。 これを観ると日本より過激な学生運動だったように思えますが…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

テヒョンの「覆面ダルホ」

いや~、テヒョンはやはり歌が上手いですね~ 作品としても面白かったです。 軽く流している感じがありますが、それでも笑わせてくれますし、泣かせてもくれます。 ラストも好きです(^^)。 さすがテヒョン!という感じがしました。 ロックを歌っていて、演歌を歌うことになったときのテヒョンの演技は<…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

キム・レウォンの「2424」

「2424」とは「イサイサ」と読み、韓国語で引越しのことだそうです。 ハチャメチャなコメディでしたが、キム・レウォンは彼の線を崩していなかったですね。 カッコ良いキム・レウォンで、主役ではないのですが、出演シーンも多く、ラストは主役?と勘違いしそうでした。 韓国では余り評判が良くなかったという記事も目にしましたが、 B級…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

イ・ドンゴンの「B型の彼氏」

ちょっと重い感じが続いたので、また軽いものを~と思い、 最近話題のカップル、イ・ドンゴンとハン・ジヘのこの作品を観たのですが・・・・ ん・・・・、そんなに期待して観たわけではないので、ま、いいか~・・・という感じです。 韓国映画だけではなく、<軽いラブ・ストーリー>でいいと思う映画は多くないですね。 アメリカ映画がや…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

チャン・ドンゴンの「友へ チング」

ず~っと観てみたかったのですが、何故か観れずに今日まで来てしまい、 「イブのすべて」を観た私は、「そ~だ、次は<チング>を観なければ!」と、 勇んでレンタルしてきました(^^ゞ。 ん~、これがあの「友へ チング」だったのですね~、 内容とか知らなかったのです^_^;。 でもかなり話題になりましたよね。私が初めて覚え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キム・レウォンの「ひまわり」

ん~、悲しい映画でした。。。。。 何故「ひまわり」という題名なのでしょう。。。。。。 どんな理由を付けられても納得出来ない感じです。。。。。 「Mr.ソクラテス」 より男っぽいキム・レウォンでした。 言葉少ない、でも優しく、意思の強い青年でした。 これも苦労が実らない映画でした。 悲しみと怒りの中・・・・うぅぅ~…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

チャン・ドンゴンの「ロスト・メモリーズ」

チャン・ドンゴンが良かったです。 いつも思いますが、作品中の彼は魅力的ですね。イ・ビョンホンとはまた違う<目>がまたいいです。 これも彼の魅力で観た~という感じです。見せてくれますね~。 日本語の台詞がとても多く、苦労したようですが、その中でもちゃんと演技しているのはさすがだと思います。 仲村トオルは相変わらずで、彼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キム・レウォンの「Mr.ソクラテス」

今までとは違う役だということで、どんなキム・レウォンが観れるのか楽しみでした。 でも・・・確かに彼の笑顔は余り見れないですが、やはり、可愛かったです。 野性味には本人も気になっていたようですが、ちょっと欠けるかも^_^;。。。 でもその方が良かった私です(^^ゞ。充分魅力的なキム・レウォンでした♪。 暗い映画かと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「サッドムービー」

映画館で観たかったのですが、観れずにDVDが出るのを待っていた映画です。 <四つの愛>というので、オムニバス形式かと思っていたのですが、 そうではなくてこの<四つの愛>の八人が上手く交差していたのですね。 私はこの映画、好きです。 優しさが心地良く、また切なさを感じますし、 それぞれのストーリーが、それぞれの思いが、台…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

チャ・スンウォンの「ぼくらの落第先生」

チャ・スンウォンだというので観てみました。 観始めて・・・始めは後悔するくらい腹立たしい先生でして(^^ゞ、 授業はしないで父兄に電話を掛けまくり、<袖の下>を要求して、そして生徒にはそれを元に差をつけ意地悪までする小学校の先生なんです。 そのダメ先生をそのまま演じているチャ・スンウォンで、 100円で借りたDVDでした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スンホンの「あいつはカッコよかった」

ようやく日本語の字幕付きで観れて、大満足です この日をどれだけ待ったことか~。。。。香港版で中国語の字幕付きで観ていたのですが・・・英語も分からないですし、韓国語はまるでダメだし、ハングル文字なんて100%分かりません。なので漢字なら少しは・・と思ったのですが、これが甘かった^_^;。 ・・・本を買…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ハン・ソッキュの「ドクター・ポン」

ハン・ソッキュが初めて主演した映画だそうで、共演はキム・ヘスです。 最近キム・ヘスを観る機会が増えています。 韓国ではヒットした映画らしくて、いろいろな受賞もしているようですが、 私としては残念な作品でした。 この二人を揃えているなら、お洒落な映画として通して欲しかったです。 無駄な<18歳以上 観覧可>とされるベ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キム・ヒソン、イ・ソンジェの「愛のゴースト」

韓国でその年の興行ベスト10に入る大ヒット作だそうです・・・が、 期待して観るとつらいかも・・・・ でも私はこの映画、どちらかというと好きです。 チャ・スンウォンが出ていて・・・観るまで知りませんでした^_^;。。。。 どちらかというと<お気に入り>です(^^ゞ。 「ライターを消せ」で何となくひっかかっていて、「天…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「デイジー/ アナザーバージョン」

異なるオープニング、異なるエンディング、それでも愛は枯れない。 花に想いを託して、命がけで愛を貫く…。チョン・ウソン ファン待望の“アナザーバージョン” 『アナザーバージョン』とは日本でも限定された劇場のみで公開されたプレミアム・バージョンだそうで、一般の「デイジー」はインターナショナルバージョンとしてアジアで公開され、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チョン・ウソンの「デイジー」

監督が香港のアンドリュー・ラウ監督で、出演者が韓国の俳優さんたちで、ロケはオランダで、音楽は日本人が担当していて・・・と国際色豊かな作品ですが、 <香港映画の香りがする韓国映画>という感じがしました。 アンドリュー・ラウ監督の作品はイーキン・チェンの「古惑仔」シリーズに始まって、その他のイーキン主演の作品、レオン・ライ主演の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アン・ジェウクの「ファーストキス (キスしようか) 」[輸入版]

アン・ジェウクとチェ・ジウ共演ですが・・・ チェ・ジウは・・・・良くも悪くも変わらないですね。 アン・ジェウクは・・・始め、汚いです(^^)。今まで観てきた中では(^_-)-☆。 途中からカッコいいアン・ジェウクになったかな~と思います(^^ゞ。 カメラマン、ギョンヒョン(アン・ジェウク)が女性記者ヨナ(チェ・ジウ)に二…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

チャン・ヒョクの「英語完全征服」 

除隊して復帰作も好調のチャン・ヒョクですが、 久し振りにチャン・ヒョクの出演作品を観ました。 ってこれはいつか観てみようと思っていたのですが。。。。。 何とも面白いのか、つまらないのか分かりませんが・・・ とりあえずちょっとホロリとはさせてくれるのですが、ちょっとおバカで、でも可愛いチャン・ヒョクを観れる作品でした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「スカーレット・レター」

ハン・ソッキュとイ・ウンジュ主演の映画です。 ハン・ソッキュは「8月のクリスマス」「接続」「銀杏の木の寝台」「二重スパイ」 など観ていてどちらかというと「彼の作品なら観てみたい・・・」と思います。 イ・ウンジュは「永遠の片想い 」「バンジージャンプをする」 「ブラザーフッド」「愛と死を見つめて」など観ていて、特にファンと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「タイフーン」

チャン・ドンゴンが7キロ以上減量し、『友へ/チング』のクァク・キョンテク監督のもとに、『ブラザーフッド』のスタッフが集結し、150億ウォンという韓国映画史上最高の製作費をかけ、9ヶ月に及ぶ撮影―タイ、ロシアなどの海外ロケと国内ロケしたという大作だそうで。。。。。 見応えがあり、良かったです。 チャン・ドンゴンも今まで私が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キム・ミンジョンの「愛の傷」

永遠の愛なんてない・・・と思っている全ての人に 贈る、大人の純愛映画。 傷つきたくない。だから、愛したくない。でも、どうしても・・・愛してしまう・・・。 巨済島の美しさを背景に、祖母、母、娘と三代と三代にわたって紡がれる愛の痛みと静かな情熱を繊細に描き出す大人の純愛作品。ユ・サンウク監督が巨済島に7年もの長期滞在をし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビョンホンの「地上満歌」(インターナショナル版)

余り良いレビューを見ていなかったので、今までどうしようかと思っていたのですが、 観て良かったです。私はこの作品好きです。 二人で走るシーン、チョンマン(イ・ビョンホン)が初めてお酒を飲んで酔っ払って立てなくなったときに手を差し出すクァンス(シン・ヒョンジュン)、チョンマンとクァンス二人が抱き合うシーン、クァンスのピアノを…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more